fbpx

7日で10万文字書いた感想。「迷い」がなければガンガン書ける!

 

こんにちはショウです。

タイトルにもあるとおり、
7日で10万文字、記事やらメルマガを書きました。

正直結構ハードでしたが、
記事執筆スピードもさらにアップしたし、
2300文字程度の記事なら1記事18分で書けるようになりました。
↓その時の記事はこちら

【1記事18分】7日で10万文字書いて編み出した最速ライティング手法を伝授する



あと達成できた時は
やっぱりうれしかったです。笑

で、今回はブログを書く上で迷いがあると
全然記事進まなくなっちゃうよねって話です。

この記事を開いてくれた人は
7日で10万文字?!ヤバすぎでしょww
って思っている方もいるかもしれませんが、

迷いさえなければ7日で10万文字も
正直、だれでも可能な範囲だと感じました。

ちなみにお前だれ???
って人もいると思うので軽く自己紹介すると、

ショウの自己紹介
  • 理系の大学院を卒業後、
    大手メーカーに就職
  • 配属ガチャは外すわ仕事はクソだわで絶望
  • 不労所得月200万円の起業家の師に出会い、
    ビジネスの世界に魅了され、
    会社も辞めて120万円払って弟子入り。
    稼ぎに特化した人間に。
  • ブログを立て直し、2ヶ月で月収70万円突破。方法論をメルマガで発信
  • webメディア運営、アフィリエイト、
    マーケティングやコンサルティングが専門
  • ゲーム大好き

こんな感じです。

もともと、
俺はビジネスの世界に飛び込む前は
ブログなんて全然わかっておらず、
記事を書くのに丸一日かかっていた人間でした。

どんな悩みがあったかというと

  • そもそも記事を何書いたらいいかもわからない。
  • なんか手が止まる。ネタも浮かばない。
  • よし、これで書こう!と思っても書いては消してを繰り返す。
  • ブログ書きたいのに書けない。そして病む。

↑こんな感じのダメダメブロガー。

とにかく全然記事が進まない。
なにしたらいいかわからない。

こんなんでいいのか?
って不安でいっぱいでした。

人は見に来ないし
ゴミ記事つくってる気しかしない。

なんのためにブログやってるんだ・・?

もういやだああああーーーーー!!
って感じ。

ですが、
あるきっかけで師匠と呼べる人に出会い、

今ではもう見違えるように
スラッスラ文章が書けるようになりました。

師匠ww
はいマルチww
はい宗教ww

って思うかもしれませんがそういう系でないです。
勝手に師匠って呼んでるだけです。笑

で、7日で10万文字書くチャレンジをした時も、

まずは絶対これ書いて〜。
で、当然次はこれ。
これだけはマスト書かなきゃいけないから書いて〜。
OK、あとは補足していくだけだな〜。

シュババババババババババババ

あ、終了っすね。

こんな感じ。

「まずは絶対」
「当然次は」

この辺りはキーワードです。

よし、書くかー!ってなった時には
すでに記事が頭の中に出来ているし、

書かなきゃいけないことと書く必要のないことが
バチバチに頭の中に浮かんでいる。

そうなると、
今では1分で100文字以上は書けますし、
記事を書くのも楽しいです。

なので、まずはどうしてそこまで
記事を書くのが早くなったのかについて語っていきます。

 

次の記事ネタ何にしよう? 訳わかんねえ・・・。

昔の俺はめちゃくちゃ記事作りに苦戦していました。

本格的にビジネスの勉強を始める前の頃。
右も左も分からない状態から俺はブログをスタートさせました。

とりあえずネットで情報収集をしてみると、

  • ブログをつくる
  • 記事を書く
  • 広告を載せて商品を売る

とりあえずこれで儲かるらしい。

今考えると
ヤバすぎだろ・・って感じですが、
本当にこの程度の知識しかない状態でした。

 

ふむふむ。

一応、ブログは立ち上げた。

俺が最初に立ち上げたブログは
就活生のためになる情報を発信するサイト。

特に、俺は大手企業に勤めていたので、
大手企業を目指す人向けの情報サイトを構築し始めました。

しかし、サイトを立ち上げたと同時に、
すぐに迷い始めました。

なにか記事を書かないといけないってのはわかる。

でも、

ここからなんの記事書けば正解なの?
記事書けばいいのはわかるけど。なんの記事?
面白いこと書くの?役に立つこと書くの?
SEO記事??(←ちなみに最初にSEO記事は論外です)

 

・・・・

なにしたらいいの?w

 

ああああああああ
わかんねえええええ!!!

 

そんな感じでずっ〜〜〜〜〜と
悩んで悩んで悩みまくってました。

 

とりあえず俺は就活系だ!
そうだ、就活の話のブログなら
なんでもいいだろう。

「これだけは必須!面接に必要なコツ3選」とか
こう言う系を書こう!

そう思って、広告は
リクナビの登録案件をチョイス。

とりあえず自分の経験やらを書き、
そのあとで案件の内容を書こうと考えました。

よっしゃあ〜〜!記事書くぞお!!

しかし、そう意気込んだのにも関わらず
なぜかなかなか筆が進みません。

とにかく何を書いたら
良いのかわからない。

むむむむむ??って考え込んでしまう。

なのでとりあえず
思いつきで記事を書き始めました。

しかし、せっかく書いてみても、
なんか文章が気に食わなくて、
書いては消して書いては消してを
繰り返してしまう。

さらに、

  • この文章ぜんっっぜん面白くないよな〜
  • もっといい表現ないのかな〜
  • 俺、ボキャブラリー少なくね?
  • てか、俺の記事、ググった結果出てきた奴のパクリじゃね?

 

そんなことを考えていると
自分の記事に納得がいかないまま、

う〜んう〜んと悩んでました。

本を買ってやってみても全然ピンとこない。

あ〜でもない
こ〜でもないって迷うし、悩む。

本当にこんなんでいいのか??

 

そんなことを考えているうちに、
俺は1記事書くのに、
大体丸1日を費やしていました。

そうなると、
一日の終わりは毎日自己嫌悪。

なんで俺はこんなに
記事書くのが遅いんだろう。

そう、つい考えてしまっていました。

俺は無能で、
記事すら書けない
ゴミ人間なんじゃないか。

そんな気持ちになりながらも
つくった記事を
何度も読み返して修正します。

ですが、控えめに言ってどうみてもゴミ記事でした。

誰かが書いたやつのうわべだけを拾ったような記事
誰がこんな記事読むんだろうと思うような記事
誰かの二番煎じの記事。

 

そんな記事を永遠量産し続ける。

考えて考えて考えて
やっと書いた記事もやっぱりゴミ。

しか記事を書くのが超しんどい。

全然進まないし、納得のいかない記事が増えていく。
このまま続けて良いのかどうかもわからない。

先が見えない中で
ひたすら作業続けるだけ。

正直地獄でした

会社から帰ってクタクタなのに、
土日も削ってやる意味があるのか。

増えた記事を読み返してもぜんっっぜん面白くない。
最後まで読まれる気もしない。


辞めたい。もう嫌だ!

そんな思いがどんどん増していき、

俺は初めて作った
就活系のブログを3ヶ月ぐらいで
やめてしまいました。。。。

 

師匠に出会って俺が雑魚すぎることに気づいた

「不労月収200万円です」
そんなことを言い張る男がいました。

俺のビジネスの師匠です。

その時の話はこちらから↓

大手メーカーの社畜だった俺が3ヶ月で月収85万になれたわけ。

で、結論からいうと、

自分がやっていた記事の書き方では
記事が全然進まないだけでなく、
全く儲からないことを知りました。

師匠に出会った時の俺は本当に痛い子でした。

「記事数って何記事ぐらいあったらいいんですか?」
「文字数はやっぱり2000文字以上ですか?」
とかを聞いてたんですよ。

そんなクソみたいな質問にも師匠は答えてくれました。

師匠
「記事数なんて関係ないっすよ。
 俺は6記事で1万円以上稼いだよ。
 もちろん広告はかけてない。」

は?は?へ?! 6記事???
何言ってんのこの人?

ブログって100記事がスタートとか言うじゃん!!
怪しすぎる!!!

やっぱこいつ詐欺師か!!

そんなことを考えているうちに、
俺は追い討ちを食います。

師匠
「そもそもね、2000文字がどうとか、
 記事数がどうとか、どうでもいいんすよ。

 言い方きついかもしれないけど、

  残念ながらショウさんの努力は
  お客様にとっては関係ないわけよ。

   その時点で思考ズレまくってるから
   素直に勉強した方がいい。

   ショウさん、記事書くの、しんどいでしょ?

 

ガーーーーーーン

俺はショックでした。
確かに師匠の言うことはド正論でした。

俺の努力はお客様にとっては関係ない。
確かに・・・。

ショックをうける俺の姿をみて、
師匠はどんな風に記事を書けばいいのかを教えてくれました。

彼の話を聞いて
俺は本当に愚かだったと気付きました。

そもそも稼いでいる人と
稼いでいない人の記事の考え方が全く違いました。

「いったい、どれほどの戦略が
 記事に練りこまれてるんだ・・」

そう、心底思いました。

例えばアフィリエイトの場合だと、
以下のように記事を書かないと、
商品はほとんど売れません

・集客のための記事
サイトに人を呼び込むための記事

・教育のための記事
売る商品の魅力を伝える記事

・販売のための記事
商品を売るための記事
(アフィリリンクを入れてある記事)

これらの役割を持った記事
適切に配置することによって
勝手に商品を販売してくれるサイトになります。

俺は
記事の役割とかも知らず
自分の独り言を文章にしただけの
記事ばかりでした。

記事一つ一つに
戦略もクソもない。

ただの情報の羅列。

俺は本当にダメダメでした。

 

徹底的に師匠からライティングを学んだ

それからと言うものの、
俺は師匠から全ての知識と思考回路を学び、
盗んで盗んで盗みまくりました。

毎日勉強して
勉強したことはその日のうちに即アウトプット。

初めて記事を書いた時は書ききるのに一日かかっていましたが、
今では重い記事でも30~40分で仕上がるようになりました。

さらに勉強する前は

記事ネタがない〜
とかぼやいてましたが、

師匠から学んだ思考を使えば
記事ネタなんて無限にドボドボ湧いてくるようになりました。

ネタなんてもう本当にそこらじゅうに
広がっていることに気づかされました。

ネタが決まるだけでも書くスピードがあがるのに、
記事を書く型まで学んでしまったので、
あとは当てはめて記事をかけば

はい、最強の記事。

と言う状態。

もはや呼吸をするレベルで
記事が書けるようになりました。

ああああ
記事書くの楽しい〜〜ww

そんな状態になりました。

おかげで7日で10万記事もかけるように
なりましたし、2300文字程度の記事なら
18分で作れるようにもなりました。

勉強する以前は一日中自己嫌悪に陥っているときもありましたが、
それを救ってくれたのが、師匠の知識でした。

今までずっと労働地獄のような
記事作成をしていましたが、

あの時間はなんだったんだろうって思うほど、
ライティングの知識は重要でした。

 

7日で10万文字書いてみて思う事

7日で10万文字書くのは確かに疲れました。

ですが、
「何書いたら良いんだろう?」
「このまま書いていって本当に儲かるんだろうか?」

そんな思いを抱えながら記事を書いていた頃と比べれば、
精神的な苦痛がない分、楽だとすら感じました。

だってゴリゴリ面白い記事ができていきますし、
バンバン物が売れる記事が構築されていく。

正直、見返してニマニマしてました。笑

疲労感はもちろんありましたし、
最終日は終わった瞬間爆睡しましたが、
ツラいって感覚はありませんでした。

むしろ目標に向かって爆走してる感覚があって
心地よい気分すらしました。

で、

有能な人ほど、自覚している傾向にありますが、

やはり、
こんな記事で大丈夫か??
って考えが浮かぶ時点で

大丈夫じゃないです。

そう言う気持ちがある時点で、
残念ながら記事書くスピードは恐ろしいほど落ちていますし、

良い記事が何かもわからないし、
先の見えない不安と戦いながら
毎日記事を書いている人がほとんどです。

正直、地獄の中にいます。

なのでそう言う人は
正しい知識を身につけて、
正しい方法で記事を書くしかありませんし、
ちょーーー勿体ないっすね。

俺は昔、全然知識がなかったので
もう、迷って迷って迷いまくってました。

例えて言うなら、

東京から大阪まで行こうとした時に
徒歩で向かい始めた挙句、
その辺のビルにぶつかってどこにいけば良いんだろう

って迷ってる人間って感じでした。

ちょいちょいちょい待ち!w
新幹線あるんやで!!
って感じ。

でも俺は新幹線でいくと言う知識がなかったせいで
死ぬほど成果まで遠回りなルートを
テクテク歩き続け、疲れ果てて撃沈してました。

 

結局この世界は
知識が最強です。

知識があれば絶対迷いません。
迷わないと記事書くのも楽しいですし、
利益も爆上がり。

知識さえつければ不労月収200万円に到達するには
どうすればいいかもバチバチに見えてきます
し、

知識さえつければ
人生心の底から楽しい状態になります。

だって、あとやるだけじゃん。

って状態になるから。

 

俺はたまたまパーフェクトな師匠に出会えたので

記事数がどうとか集客しなきゃーとか
間違った知識を正すことができ、

記事を書きまくる労働地獄から開放されました。

 

俺は、師匠への感謝の気持ちと同時に、
ちょっとしたブログへの考え方の違いで地獄見ている人を
救いたい
という気持ちもあり、
ビジネスの発信を始めました。

ちょっとしたブログへの考え方の違いって何かというと
例えば集客に固執しちゃうとかですね。
↓その事に関してはこちらの記事をご覧ください。

SEO記事ばかり書くとやばい。集客なんてどうでもいいっすよ。

内容をざっくり話すと

巷のネットビジネス実践者や
世の中のプロブロガーと言われる人たちは
何もかも、集客ばかりしてるので

この人たちのやり方を真似ると
死ぬほどしんどいだけでなく、
仮に儲かってもリスクがある

と言う話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私、ショウは 自動で月収200万以上稼ぐ起業家と出会い、
心の底から人生が楽しいと思えるほど人生が激変しました。

自動で月収200万なんて言葉を聞くと怪しすぎて
ページをそっ閉じしてしまいそうですがガチです。

三ヶ月前までは会社の愚痴をこぼしながら
やりたくない仕事を朝から晩までやってました。

正直、頭の回転も悪くて仕事が全然終わらず、
毎日残業ばかりでしたし、
将来への不安は雪だるま式に増える一方でした。


でも、そんなポンコツ人間でもビジネスと出会ってから
別人になる程に自信を持つことができ、

ビジネス開始3か月目には月収85万円になったことで、
会社からの脱獄に成功。


今は週休6日の生活を送っています。

ビジネスに才能なんてマジでいりません。
必要なのは飛び込む勇気だけだったと身に染みました。

行動さえすれば 人間絶対に変わることが出来る。

私はそれを身を持ってこのブログ、
メルマガで証明していきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1ヶ月で脱サラに成功者を輩出した
無料メルマガの詳細はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA